能代市旧料亭金勇

旧料亭金勇について

料亭金勇は、初代金谷勇助(かねや ゆうすけ)氏が明治23(1890)年に創業。木都能代を象徴する建物で、県内屈指の料亭として各種宴会や接待、婚礼などに広く使われた。現在の建物は、昭和12(1937)年 2代目金谷勇助氏によって建てられた。

平成10(1998)年10月26日に国登録有形文化財に登録された。

その後、平成20(2008)年8月末に閉店。

翌21年に能代市に寄贈された。

能代市が寄付を受けた理由としては、
・天然秋田杉の良さを十分に活かし、重要文化財に登録されたもので、同様の再建築は不可能な貴重な建物であること
・木都能代の発信基地として担える建物であること
以上の点が評価された。

木都能代

能代は米代川の河口に発達した街である。

米代川が交通の役目を果たし、上流の北鹿地域の金銀銅、木材などの資源や米を中心とした農作物などが集まり、南下して交易の場として栄えた。

中でも注目されたのが「秋田杉」で、秀吉の求めで桧山城主安東実季(さねすえ)が大安宅船(だいあたけぶね)用材を送ったのが文禄2年(1593)。伏見城にも使われ「秋田杉」の名声は京都・大阪方面から広まったようである。

明治中期には、井坂直幹(なおもと)が機械製材を導入し、それまでの手加工に比べ生産量は飛躍的に伸びた。これが秋田木材(株)へ発展し、以来能代は東洋一の「木都」と呼ばれるようになった。

金勇で使われている材料について

天然秋田杉は濁川国有林(金山)から切り出され、人力、森林軌道、筏を使って能代まで運ばれた。

能代市内は道が狭く、家を傷つけたり場所によっては家の一部を取り壊して運ばれた。持ってきた天然秋田杉はいい物を使い、残ったものは秋木が買い取った。

天然秋田杉以外では、杉・松・エゾマツ・アカマツ・ベイマツ・ヒバ・ケヤキ・カエデ・サクラ・キハダなどが使用されている。その他の足りない材料は秋木や昭和木材にあったものを使用し、東京の篠田銘木店からも買い付けていた。

贅を尽くした使い方ではなく、選木した良材を有効的に使用していること、建物内に四方柾の柱が1本のみしかないことから、与えられた素材を無駄なく製材したことが窺える。

旧料亭金勇の歩み
明治23年
(1890年)
初代金谷勇助 柳町に貸座敷の開運楼を創業
明治26年
(1893年)
4月 政談演説の場として現在地に山本倶楽部(通称金勇倶楽部)を建築

他に劇場の米代座 能代公園の和洋料理 紫明館(昭和7年焼失)を経営

明治38年
(1905年)
12月 柳町に火事があり開運楼が全焼
明治39年
(1906年)
9月 開運楼を再建し金勇楼と称した
明治45年
(1912年)
7月 柳町に再度火事があり金勇楼が全焼

再建後山本俱楽部別館と称した

昭和12年
(1937年)
2代目金谷勇助 新館として現在の建物を建築

8月着工 9月上棟式 11月10日竣工

大工45人 人夫20人を常用

棟梁:梅田鉄三 副棟梁:荒木菊太郎(東京の宮大工)

建築後援会:昭和木材(株) 舘岡篤社長、秋田木材(株) 小沢秀治所長 等が資金や建築木材の調達に奔走

協力者:能代営林署 横川信夫所長、西田木材 西田正二社長、牛丸兵衛、竹内平蔵 等

昭和26年
(1951年)
料亭金勇へ名称を変更
昭和32年
(1957年)
10月 旧館解体に伴い玄関を改築し 厨房を増築

舞台を改修し 空調を取付

昭和45年
(1970年)
大広間舞台の緞帳を新調
昭和54年
(1979年)
上げ汐の間 曙の間 結婚式場などを増築
昭和58年
(1983年)
日本海中部地震により一部損壊

大広間の照明などを改修

平成10年
(1998年)
10月 国登録有形文化財に登録
平成20年
(2008年)
8月 料亭金勇閉店
平成21年
(2009年)
3月 4代目当主能代市へ土地建物を寄贈
平成25年
(2013年)
増築部分解体、耐震補強工事

12月 観光交流施設「能代市旧料亭金勇」として開館